人気ブログランキング |
吉村家 (横浜岡野町
 というわけで、行ってきました。吉村家。

c0017150_111666.jpg
「叉焼麺」
 味玉付き。

 家系と言われる、横浜ラーメンの元祖。吉村家。

 トンコツダシに醤油ダレを合わせた、こってりスープに中太玉子麺。トッピングは小松菜、ノリ、叉焼の三点セットが家系のスタンダード。

 そのスタンダードを生み出したお店へ行ってきましたとさ。

 着いたのは夕方四時半頃だったんですが、20人くらいは軽く入りそうな店内(カウンタのみ)は満席。外にも行列がちろり。食券を先に購入して、外のベンチで待つ事10分少々。席が開いたら入れるっつーわけではなく、ある程度の空きが出来てからの入店っつーシステムなので、ここは気長に待ちましょう。

 順番が回ってきたので入店。麺の固さ、味の濃さ、油の多さなどはオーダ時に対応してくれます。個人的な感想としては、味濃い目にするくらいなら、油大目にした方が美味しく食べられると思います。

 やはり、家系のラーメンスープは濃いので、さらに濃い目とかにしちゃうと、もうしょっぱさが鼻についちゃうんですな。どうやら、濃すぎた場合は対応してくれるという話でしたが。

 さて、今回注文したのは叉焼麺。美味しいスープのラーメン屋の叉焼は果たしてどんな具合かな?と、気になったので。

 いざ食べてみると、なるほど 「家系!!」 という味のスープ。麺とスープがよく絡まっていて、良く出来たラーメンという感じが、一口目から伝わって来ました。叉焼は、なんだか固くて、食べ辛かったですな。軟骨だかなんだか、骨が残っていて食感が悪かったです。

 横浜駅から、新しく出来たばかりのドンキホーテの前を通過し、ハンズも通り過ぎて国道にぶつかったところの通りを左折すると、そこはもう吉村家。美味しそうな匂いがもわーんと漂ってきます。

 ちなみに、その道をもう少し進むと、旭川に本店を持つ 「山頭火」 があります。近いうちに食べに行きたいですな。

 水はセルフで、カウンタにはティッシュなども無く。接客に対しては特別好印象な点は無かったです。オーダ取ったお兄さんが、やたらと確認に来たりとかで、たまたま不慣れな人だったのかもしれないんですがちょっと不安に。

 しかし、さすが人気店。という味でした。今度行くときは油多めで食べよう。


 ごちそうさまでした。 
by 417sakura | 2006-03-03 01:29 | ラーメンなど
<< 超変身!! 君は見たか。愛が真っ赤に燃えるのを。 >>