人気ブログランキング |
四川飯店 三ツ境店。
 三ツ境店。

c0017150_11222314.jpg
「坦々麺」

 辛くて美味しいの。お値段840円。(ちなみに画像のは辛さ控えめ。本当はもっと赤いです)

 っつーことで、神奈川県横浜市にある 「四川飯店・三ツ境店」 に行ってきました。主な理由は、昨日お給料日だったから。っつーこの一点に、割と集約されているんですが。あと、久し振りに食べたかったっていうところ。

 毎日店で摩り下ろした白胡麻を使用しているので、うっかり料理人が胡麻ダレ(芝麻醤)の量を少なくしたりしなければ、胡麻の風味と濃厚な味わいが楽しめます。坦々麺といえば、辛さの源であるラー油。このラー油も、三ツ境店のオリジナルブレンドとでも言うべきか。店で作っています。

 市販されているラー油などとは違い、ただ刺すような辛さがあるだけではなく、旨みや風味、そしてなにより深い香りが食欲をそそりまくります。

 トッピングはシンプルに肉味噌と絹さやのみ。セットで注文すると、小ライスとザーサイと揚げワンタン付きのサラダがついて来ます。お値段997円。

 ちなみに、個人的な坦々面の美味しい食べ方。

 まず、スープも麺にも口をつける前に肉味噌をひと口。先にスープを含んでいる麺やスープを食べてしまうと、辛さで肉味噌の風味がとんじゃうのでね。それから、スープ。麺と食べるとグッド。

 ご飯があるときだと、俺なんかはまず肉味噌を全部ご飯の上に移動。麺を完食。その後にスープをご飯の上にたっぷりとかけて食べるのがもう最高。あー、また食べたい。

 店内は、ラーメン屋ではなく中華料理屋なので、全部テーブル席。大体4、50人は最大で入れますが、ランチタイムはほぼ満席。並ぶ人が出ることもしばしば。ランチタイム限定のランチセットは、メニュが週替わりで、ライスとスープ、サラダと杏仁豆腐がセットでついて945円というお値段。ランチタイムのみのサービスで、一部ドリンクが200円でサービスされています。

 昨年末から始まった新メニュの酸辣湯麺は、非常に辛いんですが、抜群に美味しいので、次行ったら食べたい。食べたい。

 従業員のサービスは、まぁ一定レベル。ただ、どこのお店でも大概そうなんですが、店長と仲良くなると、色々と融通を利かせてくれたりします。

 複数で行くときは、一品ずつ色々な料理をオーダーして、みんなでシェアして食べるのがお勧めです。少人数からの席予約、宴会などもあるでよ。

 って、宣伝か。

 ごちそうさまでした。
by 417sakura | 2006-03-01 11:57 | ラーメンなど
<< 山場到来。 手段と目的が入れ替わっている価値観。 >>