Our wars
 Ours war.

 なんとなく見ていたテレビドラマで涙。

c0017150_23524922.jpg

◆日記◆              


 「この頃はやりの女の子」
 如月ハニー。

 いやほら、この前 「Reキューティーハニー」 見たからじゃん?


 こんばんわ。牛乳の偉大さを痛感した者です。んもー、牛乳とかマジ美味しい。


 さて。TBSで放送された、原作・荻原浩のスペシャルドラマ 「僕たちの戦争」 ですが。第二次世界大戦中に運用された、特別攻撃兵器 「回天」 のお話。特攻隊の物語りと言えば 「今井雅之」 の 「THE WINDS OF GOD」 な俺だったのだけれど、今回のこのドラマ 「僕たちの戦争」 も良かった。

 ストーリーとか、映像的なものよりも、まず主演の 「森山未来」 の演技が良かったのね。劇中の台詞が、中々に身につまされる。心に響く。

 ちょうど、数日前に 「石原裕次郎」 主演で 「長門裕之」 なんかも出演している、1956年の日活映画 「人間魚雷出撃す」 を見ていたので、ことさら強く考えさせられました。とさ。

 いまどきの若者を地で行く俺としては、やっぱ 「命をとして守る」 っつー感覚がリアルには想像出来ないんだけれど、劇中の 「この国を護る盾となった」 という描写は、何か核心をえぐっているように感じた。

 そうだよなぁ。まず 「想い」 だよなぁ。と。


 という、話とは全く関係ないんだけれど、本日横浜スタジアムで行われた、我等が横浜ベイスターズ対巨人戦。氷川きよしの始球式で始まった試合は、相手に先制されながらも、村田の逆転ホームランで見事ベイが勝利ッ!!苦しい展開だったから、嬉しい。超嬉しい。腸捻転。

 まぁ、雨で外出しなかった椎名さんは、1日テレビを見ていたっつーお話ですな。あ、携帯代の振込みを頼まれたんで、コンビニに行ったけどね。雨だっつーのに、マガジンに出てきそうなヤンキーの方々がたむろってて、レベル低いのにネクロゴンドの洞窟に突っ込むくらいにビビった。

◆Web拍手を叩きつける◆


0:33 免許取ってからもう一年かぁ
0:33 はやいなあ
0:34 ディスガイアもなつかしい
0:34 装備を盗むと楽に倒せるよー


 成功率が1%なのよー。
 盗賊のレベルをどんくらい上げれば良いんかのう。
[PR]
by 417sakura | 2006-09-18 00:13 | 日記
<< ナショナリズムが 土曜日の中のメヌエット >>