ウォーキング☆
 桜木町、と言うよりも みなとみらい地区 と言った方がとおりが良いかもしれんけど、海辺の再開発地区を、時間があったのでお散歩して来ました☆

c0017150_23285531.jpg

◆日記◆              


 「冷やし胡麻坦々麺ランチ」
 豆冨料理・創作和彩 月の雫 でランチを。

 ←こいつを姉と食べるために、お散歩したのね。

 来ました☆ とか言ってるけど、まぁ後述の通り、過酷な迷走だったわけだね。

 元々は就職活動で桜木町に用事があったんだけれど、姉の職場でもあるので、じゃあお昼を一緒に食べようよ。っつー話に。まぁ、昨日と同じね。
 ただ、昨日は長時間かかった就活が、今日はとんとん拍子に話が進んじゃって、予想外に早く終了。姉がお昼休みに入るまでは、あと1時間半…。桜木町の一つとなりの駅は関内と言って、我等が横浜ベイスターズのホーム球場である、横浜スタジアムのある土地。昨日、少し関内方面へ歩いた感じでは、以外に桜木町と関内の距離は近ぇ。と睨んでいたので、それじゃあせっかくだから散策しつつ、歩いてみよう。と。

 その考えがそもそもの間違いで、良く知りもしない街を散策するとか、迷子にならないわけがない。野毛山動物園が近くにあるそうなので、そっちの方へひとまず歩いて行ったら、どんどん繁華街から離れていくという恐怖から断念。当初の目的どおりに関内駅を目指すことに。碁盤の目状の小道を縫うように歩いていると、畳み屋さんや豆腐屋さん、和菓子屋さん、家の前の道路で遊ぶ子供たちや、打ち水をするおばあちゃんなど、下町ライクな風景に出会えて、プラリと散策をしてみるのも面白いなぁ。
 と、思ったらやたらと風俗店が多くなったり、黒塗りフルスモークの外車が え?ディーラー? ってくらいに駐車している謎のビルがあったりで、微妙に清濁入り混じっている感じもしていて刺激的。気持ち早足。

 直線距離で、1キロ弱の区間だったんだけれど、うろうろしたため、倍以上の距離を歩いて関内に到着。すでに汗まみれ。そういや今は真夏だった。もう心身ともにくたびれたので、関内で有名なラーメン屋 唐桃軒 の前を通り、桜木町へ戻ることに。途中、開放されている教会があり 「迷える子羊よ来たれ」 的な文句が書いてあったので 「あぁ、軽く迷子な俺にうってつけじゃん」 と、ちょっと入りそうになったけど、異教徒が来てもイエス様も良い迷惑だろうしスルー。


c0017150_23481559.jpg

◆日記◆              


 「早稲田実業高校のエース、斎藤君の持ってるのと同じハンカチ」
 が、我が家にも。あった。

 このまま渇いて、干物になっちゃうんじゃない? あるいは 稽古上がりの力士並に汗をかいたころに、姉との待ち合わせの時間に。ようやくランチに。まぁ飯よりもやたらと水分を摂取してたんだけど。ちなみに、画像のランチは凄い美味しかったです。冷たい坦々麺とか良いね。

 んで、その食事の時に姉が使っていたハンカチがコレ。早実の斎藤君と同じ奴。ネットオークションでは、結構な値がついたりで、いちやくプレミアアイテムになったっつーのに、うちの家族は全員持っているという。

 決勝で、歴史に残る熱戦を繰り広げた、駒大苫小牧のキャプテン本間君の眼鏡。とかは、プレミアアイテムにならんのかのう。

c0017150_23543215.jpg

◆日記◆              


 「黒エルフ」
 褐色とか、好きだから!

 帰宅しようと思ったら、両親が祖母を連れて病院へ行くっつーことで、今から家に帰ったところで、家には入れないわけで。留守になっちゃうから。なので、俺も病院へ向かうことに。看護婦が点滴のペースをやたらとスローモーにして放置していったため、2時間以上時間をとられたりで(さらに処置開始までの待ち時間が1時間ちょい)で、帰宅出来たのは6時前。

 それから、暑いときは辛いもの。ということで、昨日の麻婆豆腐に続いて、本日はカレーライス。普段はカレーに醤油をかけるんだけれど、凄く疲れていたんで、ラー油。カレーの辛さとラー油の風味が意外にナイスなマッチング。過剰に辛いが。ベイスターズ戦を見ながらもぐもぐ。

 その後、レンタルしてきた 東京ダイナマイト のライブDVDを見たりでこんな時間。


◆Web拍手を叩きつける◆


22:54 斎藤は巨人が一位指名するらしいね

 マジか。斎藤君と田中君には、ぜひともベイに来てもらって、来年の先発ローテ入りしてもらう予定だったのに。俺の中で。仕方ないから、大学に進学してもらって、逆指名で入ってもらうしかないな!!



 今日の一言・

 斎藤君のハンカチは、もう生産中止になってるらしいね。っつーことは、今あるやつを大事に使わなくては。いや、7枚、8枚はあるんだが。
[PR]
by 417sakura | 2006-08-25 00:04 | 日記
<< 顔の無い天使。 温故知新。 >>