来ぬ人を まつ帆の浦の 夕なぎに
 やくや藻塩の 身もこがれつつ

 権中納言定家。

c0017150_0113464.jpg

◆日記◆              


 「メイドライター」
 何この…何?

 昼過ぎに電話がダチからかかってきて 「お昼一緒に食べようよー」 って。あいにく俺はもうお昼を済ませた後だったんで、丁重にお断りしたら 「一人でご飯食べるの嫌い」 とか、可愛いことを言うので、重い腰をあげて合流。

 16号沿いのバーミヤンへ。3回連続で同じテーブルに案内されまして、俺は何かブラックリストにでも載ってるのかなぁとちょいと不安に。

 お会計の時に、レジ脇のお土産コーナ的なところを見ていたら、画像のが。値段はわすれたけど、普通の100円ライターなんかよりは割高だったはず。っつーか、この…ストラップ?フィギア?ともかく、メイドさんのお人形が凄く邪魔になるだろうなぁっつーことと、こんなんを常備して煙草に火をつける自分とかが、壮絶にヘビィな絵面になるであろうことが想像に難くなかったので、見なかったことに。

 あぁ、でも何度か見かけているうちに買ってしまいそうな俺ガイル。死ぬ頃には。メイドの土産にってネ!!HAHAHA、イッツ、ジョーク!!

 ふぅ…。

 このあと、ビリヤードホールへ。丁度高校の帰りという、ダチの弟も交えてプレイ。そしたら、ダチの弟の履いているパンツと、俺の履いているパンツが一緒だったっつー驚愕の事実が発覚。

 そんな1日。


c0017150_0221592.jpg

◆日記◆              


 「超神ネイガー」
 豪石!!

 以前のブログでも、ちょっと紹介したんですがー。超神ネイガー。昨日の夜、何故かNHKで特集されてまして、久しぶりに思い出したっつーお話。本当なら、昨日の夜の更新で叩きつけとくべきだったんだけど…ほら、俺っち寝てたじゃん?

 みたいな。

 さて、ネイガー。秋田県が産んだ、山と海と秋田県の平和を守る、秋田発・地産地消ヒーロー 。別名戦う秋田名物。今回、番組ではネイガーの活躍だけではなく、いわゆる 中の人 のことまでしっかりと取材をしていたようで 「おぉ、全国ネットでネタばらしとか、秋田のチビッ子はどんな気持ちなのかー」 と思いつつも、しっかり見ておきました。

 ネイガーの生みの親は、海老名さんという男性。一時期は格闘家を目指していたんですが、事故というか、怪我のためその夢を断念。地元へもどり、ジムのインストラクタとしてくらしていました。そんな海老名さんが、ヒーローのマスクやスーツの作り方を特集した記事を見たことで、己のうちに眠っていた魂に火がついたようで、制作を開始。

 番組では、やたらとクオリティの高いアイディアスケッチが紹介されていましたが、そういった試行錯誤を経て、現在のネイガーが誕生した。というわけです。ぱっと見、仮面ライダー響鬼?っつールックスなんですが、誕生時期は若干ネイガーの方が早いっぽいので、むしろ響鬼の方が?みたいな。夢を見る。

 ちなみに、海老名さんがインタビュを受けるその背後には、仮面ライダーカリスやクウガのデケェサイズのフィギアがおいてあったので、ライダーが大好きっつーことに間違いはなさそうです。格好良い大人だ。

 海老名さんは中の人(スーツアクタ)でもあり、日頃から鍛え上げているそのマッシブな体は、かっちょ良すぎるアクションを繰り出し、今日も秋田の平和を守っています。番組中、ネイガーの新キャラの荒海丸(アラゲマル)のパーツのテトラポットのことを波消しブロックって言っているのを聞いて 「あ、これNHKだもんね」 と思い出すくらいに、番組に夢中になっていた俺。

 ネイガーは秋田の平和のみを守る、御当地ヒーローだったんですが、台北でも人気沸騰中だそうで、他県ではショーをやらない的なことを以前は言っていたように記憶しているんだけど、他国なら良いのかもね。なんて思ったり。

 ちなみに、ネイガーのテーマソングが完成しまして、唄うは水木一郎。しかも歌詞が秋田弁。その辺りを含めて、ネイガーのサイトは相当面白い&格好良いつくりになっている(活動記録で見れる、5月6日の鳥海キックの写真が最高にイカス)ので、未見の方は是非ご覧下さい。


c0017150_0491319.jpg

◆Web拍手を叩きつける◆



 「画像はネイガーと似ているなぁと思った仮面ライダー響鬼」

11:53 婦警さんと聞いて、どうやってもエロい想像しか出来ない俺もマジ

 ど、どうやってもかい?
 婦警さんっていっても、おばちゃんとかいるんだゼ?

 いや、俺ん中にも基本的には若いお姉さんのイメージしかねぇんだが。



今日の一言・

 吹き替えの声が好きな役者さんの 「小山力也さん」 という方がいるんですが、実はその人が 「仮面ライダーブラックRX」 の霞のジョーだったっつーことをつい最近知りまして。腰が抜けるほどビビったっつーお話。

 吹き替えっつーことで、声を作っている部分もあるんだろうけど、大分ジョーん時と違うなぁって。加齢による深みが増したんかな。リッキー。
[PR]
by 417sakura | 2006-07-19 00:55 | 日記
<< 風そよぐ ならの小川の 夕暮れは 七匹の子ぶた 横浜ルミネ店 >>