世の中は 常にもがもな 渚こぐ
 あまの小舟の 綱手かなしも

 鎌倉右大臣。

c0017150_23525270.jpg

◆日記◆              


 「餡かけコロッケ」
 朝から揚げ物。

 っつーことで、人間は朝の五時とかに目が覚めるとやる事がねぇ。っつーお話。いや、仕事があればね。そりゃね…。俺もね…。

 と も か く 。

 手持ち無沙汰だったのと、おなかペコリーノ現象だったっつーのもあり、朝御飯を作ることに。田舎から送られてきたじゃがいもが、相変わらず減る気配を見せないので、そいつを使った料理を作ることに。

 というわけで、コロッケ。朝から。

 普通のコロッケを作るには、材料が足りなかったので、ひき肉はツナ缶で代用。じゃがいもを茹でたりふかすのも面倒なので、刻んだのをレンヂでチン。あと、具を混ぜ合わせるときにカレー粉を少々。出来上がったタネをまとめたら3個分にしかならなかったので、わざわざ油を沢山使って揚げるのも勿体無い気分。っつーことで、少量の油で 焼く 感じで調理しました。

 なんとなく、一工夫したかったんで、和風の餡をかけることに。市販の和風だしに醤油、みりんで味付け。最期にいり胡麻を振ったら出来上がりー。

 想像以上に美味かったんだけど、やっぱり朝からコロッケとかは 無い なぁと。

c0017150_022319.jpg

◆日記◆              


 「ハヤシライス様」
 ハヤシもあるでよー。

 晩ご飯。

 ママンと夕食の買い物へ出かけて 「何食べたい?」 と聞かれたので 「たまにはハヤシライスとか食べたい」 と、言ったら 「作り方知らねぇよ。お前が作れ」 っつーことで、俺調理。

 姉らが外泊っつーことで、今日はいつもより少ない夕食。ママンに先にたまねぎを切ってもらったら、なんかしらないけど3玉もぶった切ってまして。理由を聞いたら、レシピにそうやって書いてあるっつーんだけど、どう見ても 「10人前」 って書いてあるのよね…。

 と、言うわけでたまねぎたっぷりのハヤシライスを作ることに。って言っても、たまねぎのほかには牛の肩・モモの細切れしか入っていないっつー、シンプルな奴だったんだけども。

 市販のルーを使用したので、ちょっとコクが足りない印象。今度作るときは、ドミグラスソースを別個に用意しようと思いました。

 とさ。

c0017150_084029.jpg

◆日記◆              


 「XPを悪魔っ子にしてみよう」
 という、無謀な試み。デビルさせ子。

 買い物の時のこと。野菜売り場で目に止まったのが 「つるむらさき」 という、耳慣れない野菜。

 俺 「へぇ。つる…むらさき?どんな味なんだろーねぇ」
 母 「濃い味だよ」
 俺 「あら、本当に。そういやそんな感じの名前。良く知ってるね、食べたときあるの?」
 母 「え?あるわけないじゃん?」
 俺 「凄ぇ。何涼しい顔して嘘こいてんの?」

 ちなみに、つるむらさきっつーのは、栄養分が豊富な熱帯アジア原産の野菜なんだそうで。

◆Web拍手を叩きつける◆


9:07 にぎにぎしい絵っていいよね。
9:07 しかしおっぱいでっかいなぁ。


 良いよね。なんつーか、見れる絵っつーのは良い。
 あと、おっぱいでっかいのも良い。

11:55 ばっさり切ると気分いいよね。俺もこないだ切ってきたYO

 髪を切った後に、初めてふれる風がまた気持ち良いのよね。
 なんか凄ぇさわやかなの。

14:35 ヨメを窓から投げ捨てようとしたから天が怒ったのネ!

 天が!?ふぅむ。
 それはつまり、天が俺と嫁の中を認めたということか!!
 やぁ、しかし。俺の嫁はノートパソコンにしか見えないけど、多分俺が疲れているからだナ!


今日の一言・

 今日は凄ぇ暑かった。
 でも、番長が見事にエースの仕事をして、横浜がサヨナラ勝ち。

 最下位脱出の日は近い。

 と、唐突にベイスターズのお話で、また明日。
 
[PR]
by 417sakura | 2006-07-15 00:19 | 日記
<< み吉野の 山の秋風 小夜更けて 我が袖は 潮干に見えぬ 沖の石の >>