いにしへの 奈良の都の 八重桜
 今日九重に にほひぬるかな

 伊勢大輔 。

c0017150_7443297.jpg

◆日記◆              


 「Wカレー」
 久し振りのRoux。

 というわけで、更新が凄ぇ遅れました。主な理由は、両手に怪我しちゃったっつーのが最大にして唯一の理由。アスファルトの上ですっ転び、両手を突いたんですな。そしたら左の手の平はずる剥けて、右手は打ち身と親指に穴。小石とか砂利でざらざらしていたもんだから、血がどくどく流れてるっつーのに、流水で洗わないといけないとか、マジで 「なにこの拷問?」 っつー感じ。

 そんなわけで、帰宅するなり即フテ寝。ワールドカップは見たけどね。逆にへこんだけどね。


 さて。日記。

 面接へ行ってきました。今までの、とりあえず働ければ良いやーっつー感じの職種ではなく、俺が本当に働きたいと思う系統の会社なので、自分でも こりゃヒデェ っつーくらいに緊張。面接の間中、声は張れないし喉はカラッカラに渇くし、手の平は汗が止まらないし。散々でした。
 そんなこともアリで、まぁ不採用なわけだけど、このデザイン事務所の代表取締役の方を初め、スタップの方々が凄く良い人でした。なんつーか 「あぁ、ここで働きたい」 って強く思いました。代表の方が 「作品作ったら、持って来てよ。こうして出会ったのも縁だし」 と、ありがたい言葉をかけてくださったので、本気っつーか、全身全霊をかけて作品を作って、うならせるくらいのものを持っていこう!!と。
 また、色々とためになるお話をしていただきました。我ながら、良く門前払いにせずに接してくれたなぁと、凄く感謝しています。面接っつーのは、業種にもよるだろうけど、俺っつー人間のプレゼンなんだよなぁ。と、改めて認識っつーか実感。

 んで、その帰り。丁度お昼時っつーことと、カレーが無性に食べたいっつーことで、横浜駅シァル下の Roux でカレーを。ランチ時っつーことで、ランチセットを注文。ルーが二種類選べて、ご飯もターメリックライスか五穀ご飯かの二種類から選べます。
 画像のは、五穀ご飯に、欧風煮込みカレーと、辛くない野菜カレー。あと、ラッシー。ラッシーとチャイを素で間違えて注文したのは内緒。カレー完食後に初めてドリンクをグビリ。

 「あれ?これチャイとちゃいますやん?」 みたいな。いや、ほら。チャイと違い(ちゃい)をかけたジョーク。カレーなだけに、かけたジョーク。

c0017150_845113.jpg

◆日記続き◆              


 「シスター」
 と、言えば金髪なイメージ。

 地元へ戻り、丁度駅に買い物に来ているっつーママンと合流。車で帰宅。車庫を開けようとしたら、段差をうめるスロープ(プラスチック製)の上で、履きなれない革靴が滑って転んで俺、血まみれ。平地じゃなくて、若干の下り坂になっているもんだから、余計に勢いがついたのよね。

 その後は冒頭に叩きつけた通り。

 人がせっかくやる気出したとたんに、絵を満足描けない状態になるとか、最早ギャグ。天中殺か。っつーか、厄年か。恐るべし。怪我なんてここ数年してなかったんじゃないかな。ふぅむ。

 ちなみに、晩ご飯はカレーでした。なんか、外でカレー食べてくると、夕食もカレーっつー確立の高さが相当高い気がするのよね。っつーか、ママンには 「俺、今日お昼カレーだったのよー」 って言ったんだが。嫌がらせ?


 楽しみにしていたワールドカップの日本戦。案の定というか、嫌な予感が的中っつーか。決勝トーナメント進出が厳しくなりました。クロアチアに勝利して、ブラジルにも勝利できれば問題ないんだけど、それは厳しいよね。どうだろね。
 とりあえず、今日っつーか明日早朝のクロアチア対ブラジル戦の結果も気になるところ。引き分けとかだと日本だけ勝ち点が無いから、闘い方が変わってきて苦労しそうよね。

 しかし、オーストラリア戦は、向こうのタレントに仕事をさせすぎた感が。加地は間に合うんかな。どうじゃろ。とりあえず、今晩の韓国の試合は応援せねば。あと、フランスの試合もあるし。ジダン最後の輝きをこの目に焼き付けるべし。べし。

◆Web拍手◆



1:01 乳袋はいい 根元をそっと掴みたくなる

 乳袋って、凄ぇ立体裁縫だよね。自分で描いておきながら。

1:35 おっぱーい

 おっぱいー。

8:16 実は俺もツインテール好き
8:16 そしてダジャレも大好物
8:16 もうたまランチ


 マジかよ、気があるネ!!ラッキー。
 ツインテールなだけにね。
 ほら、ツインテール>ついってーる>ついてーる>ついてる>ラッキー。


今日の一言・

 一晩経ちまして。閉鎖湿潤療法っつーのを試しています。

 傷口を消毒しない。
 乾かさない。
 ガーゼで覆わない。

 という、今までの怪我の治療の固定観念を覆す療法。湿潤な環境におくと、怪我の治療が早いんですって。新しい治療法として、痛みも少なく治りも早いこの治療法が注目を浴びているんだとか。
 確かに、口の中の怪我とかって、直ぐ治るよね。あれは傷口の消毒もしてないし、常にウェットだし、ガーゼなんかも当ててないし。

 そういうことなのかな?
[PR]
by 417sakura | 2006-06-13 08:30 | 日記
<< 夜をこめて とりの空音は はかるとも 大江山 いく野の道の 遠ければ >>