あひみての 後の心に くらぶれば
 むかしは物を 思はざりけり

 権中納言敦忠。

c0017150_0191468.jpg

◆日記◆              


 「吉本家・大和店」
ラーメン。味玉付き。

 ようやく念願の家系ラーメンを、久し振りに食べる事が出来まして、こんにちわ。

 来週の最終面接に必要な書類を集めるために、母校である大学へ。っつーことで、家を出たわけですがー。丁度時刻はお昼前。このまま普通に大学へ向かっても、教務課や学生生活科がお昼休みに入っちゃうから、時間が早い。

 っつーことで、ぷらり途中下車の旅。

 最近ご無沙汰だった吉本家で食事してきましたとさ。っつーか、久し振りだったからなのか、ダシが上手く取れたからなのかは知らないけど、今日のラーメンはいつもより美味しく感じました。


c0017150_0264162.jpg
 「唾つけたー」
ばっ、バカにされている!!?

 町で見かけた愉快な景色。

 っつーか、なめた鰈っつー種類の鰈がいるんだってネ。椎名さん、ひとつ賢くなりました。いや、でも普通の人がみたら 「ちきしょう、ばかにしやがって。魚介類のくせに」 と思うことうけあい。

 というわけで、お腹も膨れたし、ゲーセンにも寄ったし。いざ母校へ。

 俺はもう部外者なので、学バスのチケットなんかも処分しちゃってまして。大学までの遠い道のりを徒歩でぽちぽち進むことに。

 卒業した日は 「あぁ、もうこの通学路を歩くことはないんだよな」 とか 「いつもはあんなに長かった道のりが、今日は不思議と短く感じる」 とか、感慨にふけっていたのに、よもやわずか数ヶ月で再びこの道を歩く事になろうとは。お天気が最高にご機嫌で超暑いし。うーん。長ぇなー。

 卒業証明書も成績証明書も、すぐに発行してもらえました。さぁ、次は健康診断書だ。教務課のおっちゃんの話では、学生生活科へ行ってくんちゃいっつーことだったので、学生生活科へ。

 俺 「あのー、健康診断書っていうのをこちらで発行していただけると聞いたのですが」

 職員「健康診断書?それならG棟の医務室へ行って」

 俺 「G棟…ってどこだったっけなぁ…」

 職員「あぁ。新入生?」

 俺 「いや、卒業生す」

 職員「じゃあ、なんで知らないの?」

 うん。本当だね。っつーか、教務課のおっちゃんに、嘘吹き込まれました。とりあえず、記憶を頼りにG棟の医務室へ。


c0017150_035425.jpg
「それは不思議な飲み物」
 モカ・マタリ。

 んで、医務室へ行ったんだけど、大学で行った健康診断による、証明書の書類としての効力が有効な期間は一年。つまり、今年俺が卒業した時点で効力が失効しているわけで。

 なんか、かなり可愛い女医さんが丁寧に対応してくれまして。うっかりそのまま世間話から楽しいおしゃべりに発展してぇとか思ってたら、岸田今日子みたいな女医が 「私立病院とかで自分で検査受けて」 ってしゃしゃり出てきたので 「はぁ、そーすか」 と、後ろ髪ひかれながら退室。っつーか、この部屋こそもう一生来ないんだろうな…。

 っつーことで、自宅に電話して、ママンに最寄の健康診断をしてくれる病院へ、アポを取ってもらいました。っつーか、今日検査しないと、月曜の面接に間に合わないので。

 健康診断は、基礎的なものだけで、採血や心電図などは項目から除外してもらいました。おかげで結構早く終了。その後、路地裏の喫茶店で一服。それから夕飯の買い物をして帰宅。

 今日の晩ご飯は中華ってことで、久し振りにマイ中華なべを出して、麻婆豆腐を作りました。

c0017150_0444016.jpg

◆雑記◆              


「なんか暑くネ?」
 っつーか、すっかり初夏めいて来ました?

 ここ数日、なんだか絵を描くモチベーションが上がらなかったんだけど、それでも一回描いちゃえば、結構どうにかなるもんだなーとか。

 っつーか、どっかマンネリに感じている部分がひっかかっていたのかな。と。っつーわけで、少しだけいつもと違う描き方をしてみたら、そんな モチベーションが上がらない とか、すっかり忘れて楽しくお絵かきできました。とさ。

 そういう意味でも、自分の絵って、描き終わってからの方がしっかり見えてくるよね。

 なんて。





◆Web拍手・レス◆




9:47 僕のリリスと並べると幸せな気分に。
9:47 最終選考頑張ってねー。


 し・あ・わ・せ☆

 面接。頑張りまする。

18:47 おっぱいえろいっ
18:48 もうすでに他殺レベル


 エロくないアルよー。
 ここは健全なブログアルよー。



今日の一言・

 唐揚げが食べたい。…って、俺食べ物の話ばっかしてんな。
[PR]
by 417sakura | 2006-05-26 01:00 | 日記
<< あふことの 絶えてしなくは な... 契りきな かたみに袖を しぼりつつ >>