山川に 風のかけたる しがらみは
 流れもあへぬ 紅葉なりけり

 春道列樹。


 春まっさかりだっつーのに、俺はなにをこんな秋めいた句を。でも、詠み人は春道列樹っつー、脳が五月晴れってくらいに春めいた名前ネ。これでドローだ。

 ドロー?


c0017150_23591497.jpg
「さくら」
 桜咲く。

 さくらは俺の太陽なんだ!!よし、今日は言えた!!打ち損じ無し。

 あ、さってー。

 めでたく横浜が日ハムとの交流戦で勝利しましてこんにちわわー。三連敗っつーか、負け越しとは言え、嫌な流れを引きずらないで次の試合に挑める流れになって、ホッと一安心 DA YO NE 。

 なんて、タイムリな話題をイントロにブログを更新するとかって、なんかお洒落っぽくネ?しかも、野球な話だけに タイムリ ってネ!!ひゅぅっ、ココが面白ポインツ!!



 と、強引にテンションを西海岸風にしてみましたが、どうでしょう。風呂上りに、パンツ1枚でブログを更新している我が身としては、ちょっぴり文体くらいは楽しげにしないと、からっぽの俺のハートに涙の雫の落ちる音がこだまして、冬眠中のクマが起きだしちゃう。

 あれ?テンション上げたかったのに、なんか電波な文章ね。

 
う・ん・ち・く~
 電波な文章とは?

 いや、俺も具体的に説明してごらんちゃ。って言われたところで、はたして上手に説明できるかは、甚だ妖しいことだけどね。

 えー、その昔、俺の大好きな筋肉少女帯というバンドがありました。そのバンドのボーカルの大槻ケンヂことオーケンは、サブカルが大好きな文系内向的人間でした。学生時代に女子と話した時間の総合系が15分とか、10分とかそんな青春。
 そのオーケンが書いた、SF小説の第25回日本SF大会日本短編部門 「星雲賞」 を受賞した小説 「くるぐる使い」 。この小説によって、物書きとしてのオーケンは一躍脚光を浴びる事に。その一年前、オーケンの書いた 内向的で繊細で、壊れやすいのにギラギラと敵意を忍ばせている、まるで爆弾のようなメンタルの物語り(俺の個人的見解) の 「新興宗教オモイデ教」 という小説があります。
 その小説の主人公達は 「メグマ波」 という、人の神経に作用する電波を操ります。その電波に操られた人は、なんというか タガ が外れた状態になります。この 人を思いのままに操る電波を使う、内向的な学生 という設定を元に制作された、Leafというパソコンゲーム製作会社のヴィジュアルノベル 「雫」 。
 このゲームの主人公達は 毒電波 という思念波を使い、まーオモイデ教的エログロなことになるわけですな。んで、この毒電波やメグマ波に操られた人の言語センスなどが、非常に不安定な精神状態の人のそれに近くなるわけですね。あるいは、ノイローゼや自律神経に著しい問題を抱えている人。

 それが転じて、こいつ頭大丈夫?あるいは 狂人じみた人に 電波 という形容詞が付くようになりましたとさ。


 いや、まぁ。俺解釈ですが。


 あ、今日はボブ・ロスの 「Joy Of Painting」 を見ました。DVDを姉が買ったので。いつか、テレビ放映された作品全てを網羅した完全版DVDが出ることを痛切に願います。


>>拍手レス

1:16 お腹すいてきたどー 責任とって欲しいどー!

 なんか食べちゃえ、食べちゃえー!!

1:16 よくわからないけどお茶置いときますどー|゜∀゜)⊃旦 ~

 よくわからないけど、お茶いただいとくどー。

1:32 うわっまぐろくいてぇ・・・
1:33 でもマグロと聞くと・・・マグロのおっさんが思い出されるマジイモゲ脳


 そんなこと言うから、もうまぐろのおっさんのイメージしか出てこないじゃないか!!
 あと、イモゲ言うな。

2:29 料理できるって羨ましい。何でもわさび混ぜちゃう俺脳のネジ外れてる

 俺はなんにでも醤油だなぁ。
 って、わさび!!?何でもわさび!!?わさびにもわさび?

6:55 料理の画像とかめっちゃお腹減るっ、くぅ、美味しそうだ…!

 拍手の時間的に、そのまま朝御飯食べちゃえば良いのさ!!

12:44 最近imgやdatで、させほめの画像をめっきり見なくなった。しかしごぼてんは俺の妹で、ほめほめは嫁

 させほめ画像とか、確かに見かけなくなったかもかも。
 そういうスクリプトとか自作絵を投下する「」が減ったのかもね。
>ほめほめは嫁
 屋上
 尻
 ネギ

21:57 では、させ子はいただいちゃってもかまいませぬね?

 させ子だと、逆にいただかれちゃうかも知れないゼ!!?
 アタマカラマルカジリ。

22:34 俺を胃液過多で殺す気か!

 Youごはん食べちゃいなYo!!




今日の一言・

 あ、俺もなんだかお腹ペコリーノ現象。
[PR]
by 417sakura | 2006-05-15 00:41 | 日記
<< 久方の 光のどけき 春の日に 朝ぼらけ 有明の月と 見るまでに >>