有明の つれなく見えし 別れより
 あかつきばかり 憂きものはなし

 壬生忠岑。

c0017150_23485451.jpg
「俺が女の子に!!?」

 って、なんか昭和テイストよね。


 昨日お医者さんで処方されたお薬を飲んでますが。凄ぇなぁ、抗生物質。最近は、お薬を処方してもらうと、一緒にその薬の効能・効果。副作用などの注意事項を写真つきで説明した紙もくれるんですね。こりゃ便利。

 家庭の医学やらで、その薬の効能を一々調べなくて済むのは助かります。

 いや、わざわざ調べないけどさ。

 処方されたお薬の副作用や注意事項の項目に 「眠くなる事があります」 って書いてありました。抗ヒスタミン剤(頭痛、発熱、鼻水、鼻づまりなどの、感冒の諸症状の改善をする薬)が、眠気をさそうんですな。

 普段から薬を飲んでいない分、免疫がないので、凄ぇ効き目。嘘みたいに眠くなります。気がついたら夢の中とかザラ。毎食後、薬を服用。即おねむとか。

 もう一つ、咳止め薬の副作用は、尿の色が変わっちゃうとか。変わるだけで、心配はいらないそうです。ですが。

 で す が。

 お手洗いで、自分の蛇口から、若干蛍光グリーンチックな尿が出てくると、精神的にへこみますね。っつーか、これは単純に栄養剤の摂取のし過ぎかもしれんけどね。どうじゃろね。



 あ、病と言えば。俺と同じく、数日前から咳き込んでいた次女。風邪かなーと思ってたら、今朝喀血。急いで医者に行ったらば、肺炎と診断されました。ふぅむ。なんつーか、自身もだけど、身内が病になると、改めて健康の有難さっつーのを感じるね。

 かれこれ一週間ほど喫煙してないし、睡眠時間も栄養もたっぷり摂取しているから、お肌がありえないくらいにすべすべになってきました。無意味です。


 何だかんだで、寝込んでますが、病状的にはもう峠は越えたっぽいす。夜中に突然咳き込んで目覚めるとか、何もしていないのに汗がじっとりにじんでくるっつーこともなくなりました。もう少し早く医者にかかっときゃー良かったんすけどね。
 今回は、症状が軽かったから、油断しててん。ふぅむ。次からは少しでも様子がおかしかったら医者にトライすべきかー…。どうかー。


>>拍手レス

 なかった。





今日の一言・

 交流戦。ベイが相変わらずの投手陣の脆弱さを露呈して、打ち込まれて負けました。うーん。っつーか、日ハム今んところ、パの首位よね。さすが。六月の頭に、ハマスタでベイと日ハムの試合があるから、それは見に行きたいなぁ。
[PR]
by 417sakura | 2006-05-13 00:09 | 日記
<< 朝ぼらけ 有明の月と 見るまでに 心あてに 折らばや折らむ 初霜の >>